【期間限定プロモーション】ワンダーカジノ新規登録でキャッシュボーナス$30(賭け条件1倍)

オンラインカジノで複数アカウントは禁止!重複登録を避ける方法

オンラインカジノでは、不正行為やボーナスの濫用を防ぐために同一人物による「複数アカウントの作成」「重複登録」は禁止されています。要するに【1人につきオンカジのアカウントは1つまで】というルールです。

「複数アカウントを作成することの何がダメなの?」と思うかもしれませんが、オンラインカジノのような実際に大金が動くサービスではマネーロンダリングや小さな不正も見過ごすわけにはいけません。その対策の1つとして同一人物が複数のアカウントを作成することを禁止しているのです。

ところが、「重複アカウント」の基準を知らず無意識に利用規約に反したアカウント作成行為を行ってしまうプレイヤーの方が沢山います。そこで本記事では、オンラインカジノで複数アカウントと判断される基準や対策方法などを解説していきます。

この記事の内容まとめ

  • 名前・住所・ネット環境・利用端末が被るのはNG!
  • 家族でも同一住所・ネット環境からの登録は基本NG!
  • 公共ネットワーク(無料WiFi)を利用してオンラインカジノはNG!

オンラインカジノの複数アカウントや重複登録とは

複数アカウント・重複登録とは

オンラインカジノでは、不正行為やボーナスの濫用を防ぐために同一人物による「複数アカウントの作成」や「重複登録」は禁止されています。実は単純に「同一人物がアカウントを2個以上作らないようにすれば安全」と思っていると、意図せず「複数アカウント」や「重複登録」の規約で処罰を受ける可能性があります。

なぜなら、オンラインカジノにおける「複数アカウント」や「重複登録」は単純にKYC認証(本人確認)の過程だけで判断されていないからです。

「つまり、どういうこと?」と一瞬頭にハテナが浮かんでしまうと思いますが、要するに「注意点を押さえておかないと別人であっても同一人物による複数アカウントや重複と登録とみなされる場合がある」ということです。

複数アカウントや重複登録に関する利用規約

まず始めに、オンラインカジノの「重複アカウント」に関する利用規約を実際に確認してみましょう。以下の例では、人気トップクラスの有名オンラインカジノ「コニベット」の重複アカウントに関する規約内容になります。

5.6. 当サイトにてご登録頂けるプレイヤー口座は、お一人様、一世帯、一住所、一家族、同一IPアドレスに対して一口座とさせていただいております。いかなる場合においても、各顧客、各世帯、各アドレス、各共有コンピュータ、および共有IPアドレスごとに、1つのアカウントのみ登録してカジノを利用することが許可されます。同一プレイヤーが当サイト上で一つ以上のアカウントを開設することは 「重複アカウント」と定義し、閉鎖されます。

引用:コニベット公式

ここで押さえておくべきポイントは、必ずしも”同一人物”に限らず「重複アカウント」とみなされる可能性があるという点です。具体的には以下の要素のうち1つでも重複していた場合に「重複アカウント」とみなされます。

  • 登録者のフルネーム
  • 登録者の住所
  • 登録時やプレイ中に利用するネット環境(有線、WiFiなど)

つまり、同一人物による複数アカウントではなくても、同じ家に住む家族や同じネットワーク環境を利用している場合には複数アカウントとみなされるということになります。

複数アカウントや重複登録するとどうなる?

例え意図的に「複数アカウント」や「重複登録」をしていなくても、結果的に利用規約に反するアカウント作成をしてしまうと、オンラインカジノの規約に則り処罰されます。

例で示したコニベットの利用規約を参考にすると、「重複アカウント」とみなされてしまった場合に【アカウントが閉鎖】される内容が記載されています。つまり、アカウント凍結なり消されるなりするということですね。一度重複アカウントでアカウント閉鎖されてしまった場合は基本的に復活させることはできません。

また、アカウントのウォレット残高にある資金もプレイヤーに返還されることなく消滅します。

5.6.2. 重複アカウントにて得た全ての収益、賞金やボーナスは没収され、出金された全ての資金は必要に応じて当サイトに返還されなければなりません。
5.6.3. 当社は、重複アカウントでのボーナスと入金、任意の資金を補償する義務はありません。なお、重複アカウントを介して行われた賭けのために使用され失われた資金の返還について、独自の裁量で意思決定を行う権利を有します。
5.6.4. 重複アカウントが意図的にカジノにより提供されるボーナスやその他のプロモーションを受け取ることを目的として作成されたとみなされた場合、また重複アカウントがそれ以前に作成したアカウントで行われた最初の資金の返還を受けることを目的として作成された場合なども同様、それが意図的な不正行為であると考えられる場合、当サイトは重複アカウントで失われた資金または重複アカウントへの最初の入金額の返金の要求を受け入れません。当サイトは、重複アカウントが上記のような詐欺および/または不正行為の目的のみで作成されたことを独自の裁量で決定した場合、この重複アカウントに貯めたすべての資金をプレイヤーに返還することはありません。

不正アカウント作成を繰り返していると、元々利用していた1つ目のアカウントも凍結される可能性があるので絶対に複数アカウントはやらないようにしましょう。

複数アカウントや重複登録にならないための対処法

利用規約に反しないための対処法

前節で説明した通り、「複数アカウント」や「重複登録」はプレイヤー自身が”同一人物”ではなくても起こりえる現象です。故意で不正アカウントを作成した場合は処罰されても仕方がないで済まされますが、意図的ではないのにアカウントが閉鎖されてしまっては大事なお金を失ってしまうことに繋がります。

そこで、新しいオンラインカジノを登録する際に気を付けておくべきポイントを押さえておきましょう。例え1つ目のアカウントを作成する場合でも、知らないうちに重複登録の対象になっている可能性があります。

同じサイトで別アカウントを作成しない

当たり前のことですが、既に登録しているオンラインカジノサイトで2つ目のアカウントを作成するのは絶対にしてはいけません。「過去に利用したことがあるかも…?」と過去の登録情報に不安がある場合はアカウント作成前にサポートに問い合わせると安心です。

例え重複登録の対象にならない方法でアカウントの作成ができたとしても、オンラインカジノから出金する際に求められるKYC認証(本人確認)で同一人物であるとみなされた場合、すぐにアカウントが凍結されてしまいます。メールアドレスや住所を変更しても、本人確認で同一人物であるとバレてしまいます。

公共ネットワークや賃貸物件の無料WiFiを利用しない

アカウント作成時に「複数アカウント」や「重複登録」の対象にならなかったから安心!というのは誤りです。アカウントを作った後に気を付けるべき点として【ネットワーク環境】があります。

  • 公共ネットワークや賃貸物件の無料WiFiを利用しない
  • 他者がオンラインカジノにアクセスしたことがあるネット環境を使わない

コニベットの規約にも記載あった通り「同一IPアドレスの使用」も重複登録の対象になります。IPアドレスとはスマホやパソコンの接続しているネットワーク環境の情報であり、同じWiFiを利用していると基本的にIPアドレスも同じになります。したがって、会社・学校・カフェ・商業施設のフリーWiFiを利用したオンラインカジノサイトへのアクセスは「複数アカウント」や「重複登録」の疑いがもたれてしまいます。

オンラインカジノをプレイする際は、基本的に自宅のネットワークかスマホの回線を利用しましょう。要するに「他の人がオンラインカジノにアクセスする可能性がないネット環境」を利用しましょう。

まとめ|どうしても2つ目のアカウントを作成したいときは

本記事では、オンラインカジノにおける「複数アカウント」や「重複登録」に関して解説しました。気を付けるべきポイントとしては、例え同一人物による複数アカウントの作成ではなくてもネット環境によって重複アカウントとしてみなされる可能性があるということです。無意識に利用規約に反してしまわないように、以下の点には注意しましょう。

  • 名前・住所・ネット環境・利用端末が被るのはNG!
  • 家族でも同一住所・ネット環境からの登録は基本NG!
  • 公共ネットワーク(無料WiFi)を利用してオンラインカジノはNG!

どうしても「重複登録」とみなされる可能性のある環境でアカウントの作成をしたい場合、以下でご紹介する方法を試してみましょう。

お問い合わせで家族内での複数アカウント作成が可能が聞く

基本的にオンラインカジノでは家族でのアカウント作成は1つしかできませんが、完全に別居していたり住民票が異なれば登録は可能です。ただし、住民票を写す手続き中であったり諸事情で住所情報が同じになっている場合は別居していても家族内アカウントの作成は不可能です。

住所情報に関して複雑な事情があればオンラインカジノ公式に問い合わせてみた方が良いでしょう。家族内でアカウントを複数作成可能かはわかりませんが、カジノごとに対処方法を教えてくれる場合があります。

KYC認証が必要ないカジノを利用する

複数アカウントの対象にはならないように気を付けているけど、どうしても家族や同居人がカジノをプレイしようとして「KYC認証(本人確認)」で重複登録であると疑われてしまいそうな場合は、KYC認証が必要のないカジノで遊ぶというのも1つの方法です。本人確認をやらないということはセキュリティの問題やカジノで遊べる範囲に制限がかかってしまいますが、どうしてもカジノで遊びたいという場合はこうするしかありません。「ステークカジノ」はKYC認証がなくても遊べるなかで一番大手なオンラインカジノです。

同系列の別のオンラインカジノサイトを利用する

家族内でオンラインカジノのアカウントを複数作りたい場合、同じカジノサイトを避ければ全く問題がありません。例えば、人気オンラインカジノで言えば「ワンダーカジノ」「ユースカジノ」「ミラクルカジノ」は運営の系列が同じであるため、システムや遊びやすさが非常に似ています。

家族のうち1人は「ワンダーカジノ」に登録して、もう1人が「ユースカジノ」に登録することは「複数アカウント」や「重複登録」に一切該当しないため、何も問題はありません。

ちなみに、オンラインカジノアフィリエイトをする際も「複数アカウント」や「重複登録」は避けなければいけません。というのも、多くのカジノではアフィリエイトによる報酬はカジノのプレイヤーアカウントに付与されるからです。アフィリエイトを始める際も、プレイヤーアカウント作成の注意点を留意して準備しましょう。

【徹底解説】オンラインカジノのアフィリエイトのやり方
オンラインカジノは誰でも稼げる最強の副業です。本記事では、初めてアフィリエイトに挑戦したい方向けにやりかたを丁寧に説明します。
タイトルとURLをコピーしました