【期間限定プロモーション】ワンダーカジノ新規登録でキャッシュボーナス$30(賭け条件1倍)

オンラインカジノの仮想通貨入金・出金は海外取引所を使え!

最近、オンラインカジノの入金・出金手段の1つに仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)を採用するところが増えてきています。慣れていない人にとっては”仮想通貨”と聞くと難しいイメージを持つかもしれませんが、1度正しい使い方さえ理解すれば意外と便利なものです。

一般的に仮想通貨は「投資対象」として見られがちですが、本質は電子通貨としての利用です。したがって、オンラインカジノにおいても通常の現金入金と同様に仮想通貨入金によってゲームをプレイすることができます。

本記事では、オンラインカジノで仮想通貨の利用を考えている方に向けて「仮想通貨で入出金する方法や絶対にやってはいけないNG行為」など、わかりやすく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • オンラインカジノに仮想通貨で入出金する方法
  • 仮想通貨を利用するメリットとデメリット
  • 仮想通貨を利用する際に絶対にやってはいけないNG行為
  • オンラインカジノ利用におすすめな通貨と仮想通貨取引所

オンラインカジノに仮想通貨で入金・出金する流れ

仮想通貨をオンラインカジノに入出金する流れ

まず始めに大事なことを言います。

「国内の仮想通貨取引所から直接オンラインカジノに送金してはいけません!」

オンラインカジノに仮想通貨で入金・出金する際は以下の手順を踏む必要があります。

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入する。
  2. 国内取引所から海外取引所に送金する。
  3. 海外取引所からオンラインカジノに入金する。

結論から言うと、国内の仮想通貨取引所(Coincheck, Bitbank, bitFlyerなど)からオンラインカジノに直接入金するのはオススメできません。というのも、国内仮想通貨取引所の口座アカウントが凍結される可能性があるからです。

近年、仮想通貨やオンラインカジノの知名度は急速に伸びてきていますが、これら2つはマネーロンダリングに使われる危険性があることから、国内取引所運営会社はオンラインカジノへの送金を厳しく監視しています。多くの人はカジノで遊ぶことを目的として仮想通貨を利用していると思いますが、取引所の運営会社からすれば「仮想通貨のオンラインカジノへの送金はマネーロンダリングに協力してしまう可能性がある」というリスクを抱えています。

したがって、我々利用者は悪気が無くても国内取引所からオンラインカジノへの送金を拒否されたり、アカウントを凍結されるといった処罰を受けてしまう可能性があります。

「オンラインカジノに仮想通貨使えないじゃないか!」と思うかもしれませんが、オンラインカジノへの入出金は【国内取引所】ではなく【海外取引所】を利用することが一般的です。実際に入金・出金する手順を見てみましょう。

国内取引所で仮想通貨を購入する

大手国内取引所

まず始めに、仮想通貨を取り扱っている国内取引所で仮想通貨を購入します。

大手の国内取引所を例に挙げると「コインチェック」「Bitbank」「bitFlyer」「DMMビットコイン」などがあります。どの取引所を使っても仮想通貨を購入できるという点は変わりませんが、購入手数料を安く済ませたいのであれば【Bitbankの仮想通貨取引所】で通貨を購入するのがオススメです。

仮想通貨を取り扱う国内取引所の中には「販売所」と「取引所」の2種類があります。「販売所」は取引所を運営している会社から通貨を購入するため手数料が高くなります。一方、「取引所」は個人間での取り引きになるため手数料が安くなります。購入の手順に大差はないので「取引所」を使うのが一般的です。

購入する通貨の種類は「ビットコイン」でも「イーサリアム」でも何でもいいですが、入金予定のオンラインカジノが入出金手段として取り扱っている通貨を購入しましょう。仮想通貨は沢山種類があるため、どの通貨を利用したらいいか最初は迷ってしまいがちですが、通貨を選ぶポイントは【送金時の手数料が安い】通貨を選択することです。

送金手数料が安い仮想通貨の種類については後半でまとめています。

国内取引所から海外取引所に送金する

バイナンス

国内取引所で仮想通貨を購入したら、次は海外取引所に送金します。

日本では「バイナンス」や「バイビット」が海外取引所として有名ですが、筆者は「バイナンス」の利用をオススメしています。理由は単純で、海外取引所の中で取扱い通貨の種類が豊富でサービスの規模もトップクラスだからです。海外の取引所と聞くと難しいイメージがありますが、国内取引所と基本的な使い方は同じです。バイナンスのアプリは日本語にも対応しているため、操作もすぐにできるようになります。

海外取引所に1度送金する理由は、日本の国内取引所からオンラインカジノへ直接送金するのにリスクがあるからです。一旦海外の取引所に送金してからオンラインカジノに送金することで”日本の取引所から直接オンラインカジノに入金した”という事実は残りません。バイナンスではオンラインカジノへの入金に対して特に規制はありません。

海外取引所からオンラインカジノに入金する

ミラクルカジノの入金画面

海外取引所に送金が完了したら、いよいよオンラインカジノに入金していきます。

上の写真は「ミラクルカジノ」の入金画面で、ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・テザー(USDT)などの仮想通貨での入金に対応しています。入金したい通貨を選択した後に入金額をドル表記で記入すると送金アドレスが表示されます。

仮想通貨入金画面

今回はビットコインで$100分の入金をするように指定しました。すると、0.006255BTCの【送金アドレス】と【QRコード】が表示されます。この送金アドレスまたはQRコードを海外取引所の出金先に入力することで、指定のオンラインカジノのウォレットに入金されます。

仮想通貨が使えるオンラインカジノ一覧

最近は多くのオンラインカジノで仮想通貨の入金・出金ができるようになりましたが、利用できる通貨の種類は様々です。当然ながら扱っている通貨の種類が多いほど便利です。

BTCBCHETHLTCXRPUSDTその他
ベラジョンカジノ××
エルドアカジノ××××××
ワンダーカジノ××××
コニベット××
ステークカジノ
ミスティーノ×××

上記は当サイトでも紹介している大手オンラインカジノの仮想通貨の入出金対応表です。仮想通貨の代表格であるビットコインは基本的にどのカジノでも対応していますが、ライトコイン(LTC)やリップル(XRP)になると利用できるカジノが限られています。

ビットコインが主流と言っても仮想通貨の中では送金手数料が高くついてしまう通貨のため、ビットコインだけに対応しているカジノは正直魅力的とは言えません。ステークカジノ」のような仮想通貨に特化したカジノであれば、誰もが聞いたことがある通貨は大体使えるため、送金手数料が安い通貨の選択も可能です。

当サイト経由で①入金不要ボーナス$7②初回入金100%ボーナス③レーキバックが貰えます!

オンラインカジノで仮想通貨を利用するメリット

仮想通貨を使うメリット

オンラインカジノに入出金する際は「銀行送金」や「クレジットカード」、エコペイズやベガウォレットといった「電子決済サービス」など様々な方法を利用できます。多種多用な手段がある中で、あえて仮想通貨を使う理由は無いように思えますが、仮想通貨には仮想通貨なりのメリットがあります。

  • 入金・出金の反映スピードが早い
  • 送金手数料が安い
  • 銀行口座やクレジットカード情報が漏れない

入金・出金の反映スピードが早い

仮想通貨を利用する最大のメリットは、オンラインカジノへの入出金が基本的に即時反映される点です。銀行口座やクレジットカードを利用する場合、入金・出金までの反映に数時間~数日かかることもありますが、仮想通貨の送金はブロックチェーンで記録されているため、事務的な処理がなく直ぐにウォレットに反映されます。

仮想通貨銀行口座クレジットカード電子決済サービス
反映速度即時数日数時間数時間

送金手数料が安い

仮想通貨の送金に必要な手数料は【送金する通貨の種類】によって変わります。実は知名度が一番高いビットコイン(BTC)は送金手数料が高く、メジャーではない通貨の方が送金手数料が安く済みます。したがって、知名度ではなく送金手数料の安さで送金通貨を選択するのが一般的です。

下の表は他の入金・出金手段と比較した手数料表です。

仮想通貨銀行口座クレジットカード電子決済サービス
入金手数料安い振込手数料2%なし
出金手数料安いなし出金不可なし

上の表を見ると仮想通貨よりも他の入出金手段の方が手数料が安く見えるかもしれませんが、カジノによっては「銀行口座」や「電子決済サービス」への出金に出金額に対する手数料が必要になる場合があります。

また、一見手数料が無いように見える「電子決済サービス」でも、実は日本の銀行口座に出金する際に高い為替手数料(体感5%程度)が取られたりしています。したがって、最もお得な入出金方法は結局「仮想通貨」に落ち着くわけです。

銀行口座やクレジットカード情報が漏れない

あまり大々的な問題になっているのは見かけませんが、オンラインカジノに提供した個人情報は本当にきちんと保護されているかという点は怪しいです。例えば、1つのオンカジにしか登録していないのに他のオンカジからメールが届いたり(メールアドレスの漏洩)、身に覚えのないクレジットカードの支払いが表示されたといった話も決してないわけではありません。

一方、仮想通貨のやり取りでは詳しい個人情報が必要なく仮想通貨ウォレットのみで送金のやり取りがされるため、銀行口座やクレジットカードによる入出金よりも個人情報を守ることができます。

仮想通貨による入出金は必要な個人情報が最低限だからこそ、セキュリティをきちんとしていなければ「仮想通貨が盗まれる」といったリスクがあります。【2段階認証】によってセキュリティを向上させることで、盗難リスクを大幅に下げることができます。

オンラインカジノで仮想通貨を利用するデメリット

仮想通貨を使うデメリット

仮想通貨には手数料が安く使える点や送金スピードが早い点などの利点があるものの、デメリットもいくつかあります。しかし、デメリットをきちんと把握した上で適切に対策しておけば仮想通貨は非常に便利な入出金手段として利用できます。一般によく言われている仮想通貨のデメリットは以下のとおりです。

  • 通貨価値が変動する
  • 仮想通貨のウォレットを準備する必要がある
  • 適切に管理していなければ通貨を盗まれる可能性がある

通貨価値が変動する

仮想通貨は時価で価値が変動します。価格の変動性(ボラティリティ)が非常に高く、あっという間に価値が2倍になったり半分になったりするのが仮装通貨の恐ろしい点です。例えカジノで勝っていても、仮想通貨の価値が下がってしまえば意味がありません。

しかし、仮想通貨には価格変動が比較的少ない種類もあります。代表的な例を挙げるとUSDT(テザー)が有名で、ステーブルコインと言われています。USDTは米ドルの価値と同等な価値を持つ通貨であるため、基本的には米ドルの価値が下がらない限りはUSDTの価値も保証されます。つまり、仮想通貨のメリットを活かしつつ価格変動のリスクを押さえたい場合はUSDTのような通貨を使うと良いです。

仮想通貨のウォレットを準備する必要がある

オンラインカジノに仮想通貨で入出金する場合は「国内取引所」と「海外取引所」でそれぞれの【仮想通貨取引アカウント(ウォレット)】を作成しておく必要があります。アカウントやウォレットの準備はすぐにできるので難易度は高くありません。銀行口座やクレジットカードを発行するよりも簡単なので誰でも10分程度で開設できます。

「取引所のアカウントとは別に”仮想通貨を保管するためだけのウォレット”を準備するべきか」と悩む方もいますが、筆者的には必要ないと思っています。ビットフライヤーやビットバンクといった国内取引所と、バイナンスやバイビットなどの海外取引所の口座で通貨を保管するだけでも大丈夫だと思います。

適切に管理していなければ通貨を盗まれる可能性がある

仮想通貨は誰でも簡単かつ高速に送金ができるというメリットがある裏に「仮想通貨は盗まれやすい」といったデメリットも存在します。ただし、実際に盗まれやすい状態というのは「セキュリティがしっかりしていないこと」や「情報漏洩に対する認識が甘いこと」といった利用者の過失に依存する内容が多いのが実情です。

「仮想通貨を盗まれた!」という方の話を聞くと、「二段階認証の設定をしていなかった」という意見や「メールで届いた不審なURLをクリックしてしまった」といったことをよく聞きます。「自分だけは大丈夫」と考えずに、仮想通貨を扱う上では最低限【二段階認証】は設定しておきましょう。

オンラインカジノにおすすめな仮想通貨の選び方

おすすめな仮想通貨の特徴

オンラインカジノに仮想通貨で入金・出金する場合、どんな通貨を使うのがオススメか解説します。結論から言うと「この通貨を使うべき」といった代表的なものはありませんが、【①オンカジが入出金手段として対応している】【②送金手数料が安い】【③ある程度知名度があって相場変動が緩やか】の以上3点の特徴を踏まえた通貨を選択するべきです。

  1. オンカジが入出金手段として対応している
  2. 送金手数料が安い
  3. ある程度知名度があって相場変動が緩やか

オンカジが入出金手段として対応している

当然のことですが、オンラインカジノが対応している仮想通貨でなければ入出金手段として利用できません。ベラジョンカジノのような大手オンラインカジノではビットコインを中心に有名通貨に複数対応していますが、多くのオンカジは対応通貨の種類が豊富ではありません。したがって、入出金する前にカジノ側が仮想通貨が対応しているかどうか確認する必要があります。

送金手数料が安い

仮想通貨の送金手数料は通貨の種類によって異なります。例としてビットバンクの送金手数料表を見てみましょう。

通貨の種類出金手数料
ビットコイン(BTC)0.0006 BTC
イーサリアム(ETH)0.005 ETH
リップル(XRP)0.15 XRP
ライトコイン(LTC)0.001 LTC
ドージコイン(DOGE)5 DOGE

2022年12月18日現在、ビットイン(BTC)の相場は約230万円であるため、ビットバンクからBTCを送金する際にかかる手数料は以下の金額になります。

【230万円 / BTC 】×【0.0006 BTC】=1,380円

比較対象として、リップル(XRP)を送金する際にかかる手数料も計算してみましょう。同時期の1XRPの相場は約48.5円なので、送金手数料は以下のとおりです。

【48.5円 / XRP】×【0.15 XRP】=約7.3円

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)では送金手数料が明らかに違うことがわかります。この手数料は送金額によらず一定額として設定されているため、少額の送金をする際は手数料の影響がより大きく感じられます。したがって、オンラインカジノに送金する際もビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)を使った方がお得ということになります。

ある程度知名度があって相場変動が緩やか

仮想通貨の中には知名度が低く相場変動が激しい通貨も沢山あります。知名度がないということは通貨価値も比較的安く、送金時の手数料が安いといったメリットもありますが、価格変動が大きいため安定性はありません。

一方、巷で耳にするビットコインやリップルといった通貨は十分知名度もあって相場変動も比較的少ない通貨になっています。(といっても平気で50%くらい価格変化しますが…。)結局は有名どころの通貨で送金手数料が安い通貨を使いましょうということです。

まとめ|仮想通貨を使うなら海外取引所経由でステークカジノ!

ステークカジノまとめ

本記事ではオンラインカジノで仮想通貨を利用する場合の入出金方法や手数料について解説しました。記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • オンラインカジノに仮想通貨で入金する際は海外取引所を経由する。
  • 仮想通貨のメリットは安い手数料と早い送金速度
  • 価格の変動性やセキュリティについての理解が必要
  • オススメな通貨は知名度があって送金手数料が安いもの
本記事のまとめ

投資目的で仮想通貨を長期保有しているものの、なかなか価値が上がらず塩漬け状態になっている通貨はオンラインカジノに使ってみるのも良いかもしれません。ゲームを楽しみながら投資対象である通貨を増やすという意味では、仮想通貨とカジノの組み合わせは面白い化学反応を起こすことができます。

当サイトでは、仮想通貨をメインでオンラインカジノを楽しみたい方には「ステークカジノ」を薦めています。ステークカジノは多種多様な仮想通貨に対応しており、運営元も海外の大手で安心感もあります。また、豪華な初回限定特典や降格しないVIPプログラムなど、仮想通貨に限らずオンラインカジノとして非常に優れたプロモーションが沢山用意されています。

興味がある方はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

ステークカジノ(Stake Casino)を徹底解説|評判・ボーナス・登録方法など
ステークカジノは降格しないVIPプログラム、豪華なボーナスが沢山貰える大人気オンラインカジノです。本記事では、ステークカジノの評判や入出金方法、初回限定ボーナスなどを徹底解説します。
ステークカジノの入金不要ボーナスと初回入金ボーナスを解説
ステークカジノの入金不要ボーナスは現金$7で即出金可能!初回入金ボーナスは最大$1,000の入金100%ボーナスです!本記事では、ステークカジノで初回限定ボーナスの受け取り方や出金方法などをわかりやすく解説します。
ステークカジノ(Stake casino)のVIPプログラム・VIP特典・ランク昇格を解説
ステークカジノのVIPプログラムは降格なしで「レーキバック」「週次ボーナス」「月次ボーナス」など様々な特典が用意されています。本記事では、ステークカジノのVIP特典や昇格のコツなどを解説します。

 

タイトルとURLをコピーしました